コレステロール 正常値 一覧表

コレステロールの正常値を一覧表にまとめます。

コレステロールの正常値1のイラストの表から、総コレステロールが200未満、

LDLが120未満、中性脂肪が150未満、HDLが40以上となっています。


1のイラストコレステロール 正常値 一覧表(単位mg/dl)
コレステロール 正常値 総コレステロール  LDL 中性脂肪  HDL
    正常値   150~199 70~119  50~149 40以上
    境界域   200~219 120~139
    要注意   220以上 140以上  150以上 40未満

いかがですか?

コレステロールが正常値の範囲内ならまず安心です。

スポンサーリンク




次に2のイラストの表で、4つのコレステロールにおける

正常値の方の割合(%)年代別に見ておきましょう。


2のイラストコレステロール 正常値の方の割合(%)一覧表
コレステロール
正常値の方の割合(%)
20代 30代 40代 50代 60代 70代
総コレステロール 87 % 80 % 69 % 61 % 63 % 69 %
LDL 79 % 68 % 60 % 48 % 49 % 63 %
中性脂肪 85 % 72 % 68 % 63 % 62 % 65 %
HDL 93 % 94 % 90 % 90 % 86 % 86 %


50代や60代のLDLにおいて、正常値の方がかなり少なくなる事が分ります。
(50%以上は異常値というデータです。)

全体でみると、HDLはどの年代も正常値の方が多いのですが、

その他の3つのコレステロールに関しては、

40前後から正常値でない方がかなり出てきてしまいます。
(少なくとも30%以上の方が異常値というデータです。)


この表を見ると、コレステロール(総コレステロール、LDL、中性脂肪、HDL)を

正常値にする事が、いかに難しいかが分りますね。


スポンサーリンク




そこで

次にご覧頂きたいのが、2のイラストの表内の記事です。

上記2のイラスト表内の横軸「〇〇代」は

その年代の方の、4つのコレステロールの平均値、特徴、問題点、正常値の割合、

コレステロールを正常値にするヒントなど

その年代に焦点を当てた記事となっています。


そして縦軸の「〇〇コレステロールに関しては、

そのコレステロールが高くなる原因、男女別の特長や注意点、治療方法など

そのコレステロールを正常値にするヒントを書きました。


また男性と女性では、正常値を超えるコレステロールの種類や年代が微妙に違いますので、

こちらに男性女性の記事も用意しております。


あなたの該当する記事をお読み頂き、

いろいろな角度からコレステロールをご理解頂ければと思います。

そしてその記事が、コレステロールを正常値にする道筋

となれば、こんなに嬉しい事はありません。


まずは、お時間がある時に、コレステロールを下げる方法や順序の記事から

読み始めて頂ければと思います。


スポンサーリンク